ティーカッププードル専門店・ブリーダーの「リトルスキップ プードル館」

ティーカッププードル館 >> ※必ずお読みください >> ティーカッププードルのサイズ化け!?サイズ選びのポイントを大公開!

ティーカッププードルのサイズ化け!?サイズ選びのポイントを大公開!

ティーカッププードルのサイズ化け!?サイズ選びのポイントを大公開!

小さくて可愛いティーカッププードル♡成犬になっても小さいままなのが本来のティーカッププードルなのですが、お迎えして見たらあっという間に大きくサイズ化けしてしまうことも!?
今回はお迎え前に知っておきたいサイズ化けについてまとめました。この記事を読んでいただければ、成犬になっても小さなままのワンちゃんの選び方がわかりますよ。

ティーカッププードルがサイズ化けする理由とは?

ティーカッププードルではない

サイズ化けの主な理由は「実はティーカッププードルではないから」です。スタンダードプードルやミニチュアプードルから生まれた小さな個体をティーカッププードルとしているケースです。ですから子犬の頃は小さくても、成犬になれば元来の大きさに成長します。

誕生数が少なく稀少性が高い

ティーカッププードルは非常に小さいため、母体に大きな負担がかかります。ですから誕生数も少なく、稀少性が高いのです。犬は一度に3〜5匹を出産すると言われていますが、ティーカッププードルは2匹が限界。しかも出産には人の手が必要です。誕生数が少ないけれど需要が多いので、ティーカッププードルと偽って表示する悪徳業者がはびこっています。

食事制限や発育不良の子犬

故意か過失かによらず、発育不良により小さい子犬をティーカッププードルと表示するものです。子犬の体重が300g程度になった時点でママ犬から引き離し母乳を与えずにいれば、以降は体重増加を抑えられます。
当然ですがこのような子犬は後々健康に害が出ますし、骨格や筋肉が未発達のため背が伸びる傾向にあります。はじめは小さくても、フードを与えればどんどん成長します。

未熟児

未熟児(100g以下)で生まれた子は内臓疾患や骨格変形、顔面変形、他にも多くの潜在的疾患が生涯つきまといます。画像は健康そうに加工できますから、必ず引き取る前に自分の目で子犬の健康チェックを行いましょう。

日齢改ざん

たとえば生後40日の子を、生後50日と偽って表示をします。10日ぶん成長していないのですから小さいのは当たり前です。本来の生後50日にはティーカッププードルの規定以上に大きくなることもあるでしょう。

成犬になっても小さいティーカッププードルを選ぶポイント

ティーカッププードルの本来のサイズを知っておく

ティーカッププードルには認定基準がありません。ただしアメリカの有志が設定した「成犬時の体高23cm以下・体重2.7kg以下」が日本でも広く使われています。
それでは子犬の正常な範囲はというと、生後30日でおよそ500g、60日でおよそ730gです。もちろん個体差がありますので、あくまで目安としてお使いください。この数値より著しく軽い場合は、未熟児や発育不良の子かもしれません。

両親のサイズを確認する

ティーカッププードルのサイズはほとんど遺伝で決まります。ですから両親のサイズを確認しておきましょう。両親ともに小さければ成犬になっても小さいままである確率が高まります。逆に両親ともに大きければ、突然変異でもない限り小さくはならないでしょう。また可能であれば祖父母のサイズも確認を。2代前まで遡っても小さいならほぼ確実に小さなまま成犬になるでしょう。

お顔の大きさを測る

体の大きさに対してお顔が大きい場合は、未熟児か発育不良の子である可能性が濃厚です。一方お顔も体も小さい子は、小さいまま成犬になりやすいとの統計も出ています。

首と足が短めの子を選ぶ

子犬のうちから首や足が長い子は、成長するに従って大きくなりやすい傾向にあります。首や足が短い子犬を選びましょう。

そのほかの子犬選びのポイント

未熟児や発育不良、病気を持っていないかなど引き取る前は不安がつきません。健康でじょうぶな子犬の選び方をお伝えします。

元気があって人懐こい

飛び回ったりじゃれあったりできる子は、運動できるだけの体力があるということです。また人懐こい子はお迎えした後コミュニケーションが取りやすいので愛着が湧きやすいですよ。

目やにが出ていない

目やに自体は新陳代謝の一種なので、それほど問題ではありません。ただし目やにが異常に多い場合は角膜炎やアレルギーの可能性もあります。また目やにの処理をされていないのなら、そのショップやブリーダーは子犬を大事に扱っていないのかもしれません。

被毛に光沢がある

毛並みが豊かで光沢があるのは健康な証拠です。栄養は生命維持に必要な部分から優先的に消費されます。毛並みは生命維持にそれほど重要ではないため、栄養が行き渡るための優先順位は低いはずです。つまり毛並みがキレイだということは優先順位の低い部位にまで栄養が行き届いているわけですから、栄養不良などではない、健康な子だという証なのです。

歩き方に不自然さがない

ティーカッププードルは小さいために骨折や脱臼が多い犬種です。子犬の頃は骨も細いのでさらにケガをしやすいもの。歩き方に不自然さがある子は、もしかすると骨折や脱臼しているかもしれません。元気に走り回る子を選びましょう。

耳の中もキレイ

ティーカッププードルは外耳炎にかかりやすいので、耳の中もチェックしましょう。外耳炎は耳の中に細菌やダニなどが入り込み炎症を起こす病気です。放っておくと内部に進行して内耳炎や脳炎になることも。耳が汚れている子はすでに外耳炎と考えてよいでしょう。

口の中はピンク色で口臭もない

ティーカッププードルに限らず、小型犬種は歯周病などお口の病気にかかりやすいと言われています。ですから口を開けさせてキレイなピンク色かどうかを確認しましょう。口臭がないかも同時にチェック。もしお口を開けたくなさそうにしていたら、すでに口腔の病気になっているかもしれません。

お鼻がツヤツヤ

つやがあり、しっとり湿っていると健康な証です。
鼻水や青鼻は気管系の病気かもしれません。

お尻も汚れがない

お尻周りもキレイかどうかチェックしましょう。
肛門周りが汚れていたら病気のサインかもしれません。子犬の下痢は重篤な症状です。健康とは言い難いので、ショップやブリーダーに確認しましょう。

見た目よりも重い

ティーカッププードルは豊かな被毛で覆われているので、ふわふわで軽い印象がありますよね。子犬を抱き上げてずっしりと重いなら健康である証です。軽い子は、ティーカッププードルと偽るためにわざとフードを制限されている可能性があります。給餌制限をされている子はフードをたべればどんどん大きくなりますので、ティーカッププードルよりも大きくなるかもしれません。

リトルスキップのワンちゃんたちは正真正銘のティーカッププードルです

残念ながらその希少性から、大きなトイプードルをティーカッププードルと偽って掲載する業者も多く存在しています。それだけティーカッププードルは手に入りにくく需要が多い犬種なのです。リトルスキップには正真正銘の健康で元気なティーカッププードルが揃っています!そのため掲載するとすぐに新しい家族が決まっていきますので、気になる子が見つかったらお早めに見学のご予約を入れてくださいね