ティーカッププードル専門店・ブリーダーの「リトルスキップ プードル館」

ティーカッププードル館 >> スタッフブログ >> ティーカッププードルの病気について

ティーカッププードルの病気について

ティーカッププードルの病気で一番多いのは、パテラになるかと思います。

グレード1から4まで

2以上になりますと手術が必要になる場合が多いです。

外科手術になりますので、獣医さんとよく話し合いの上手術を行うかどうか判断して下さい。

とても良い結果が出ている健康食品も当店では取り扱っていますので、お電話でご相談いただいても大丈夫です。

ティーカッププードルは子犬の時にパテラが無くても、育つ活況でグレードが上がる事もありますのでご注意ください。

1・・・フローリング等での滑り

2・・・散歩でのリードの引っ張り過ぎ

3・・・階段の上り下り

などが原因で、後天的に発症することがあります。

サブコンテンツ