ティーカッププードル専門店・ブリーダーの「リトルスキップ プードル館」

ティーカッププードル館 >> スタッフブログ >> ティーカッププードルの受胎可能な交配適切期

ティーカッププードルの受胎可能な交配適切期

ティーカッププードルの交配

 

犬は、精子と卵子の特徴から受胎可能な期間が長い動物である事が知られています。そのためあいまいに交配を行っても髄対することが可能です。しかし犬の交配を確実に行い確実な妊娠を得るためには交配適切期を判断しその時期に交配を行う必要があります、特に人工授精を行う場合は不可欠です。

 

受胎可能な交尾期間及び交配的接期は、排卵日受胎保有機を適切に判断しなくてはなりません。精子が卵子に到達するまでの期間と卵子の受胎獲得期間を考慮します。排卵直後に交尾を行っても卵子が成熟していない為受胎することができません。

 

一般に犬の排卵は発情期の3日後に起こるとされています犬の精子が子宮に進入して受胎するまでの期間は数時間ですがその後受胎期間が約5日と長い期間を保有します。そのため排卵の2日前に交配が行われても受精が可能となる事があります。

 

排卵前2日?排卵後5日が交配適切期となります。

健全な精子は5日間生きるとされていますので、適切期を外さなければ妊娠はほぼ間違いないと考えられます。

 

雄犬の年齢にもよりますし、高齢、若すぎるなど精子の生存期間は異なります。

受胎率が悪くなる原因の一つになります。

 

また、遅すぎる交配では受胎機能がなくなってからになりますので、気をつけなくてはなりません。

早すぎる、遅すぎるにならないように気を付けなければなりません。

048

この子たちは、ティーカッププードルの4匹兄妹。

適切な交配時期に交配した子たちです。

子犬の数も、適度に大きさも同じぐらいで尾まれています。

サブコンテンツ