ティーカッププードル専門店・ブリーダーの「リトルスキップ プードル館」

ティーカッププードル館 >> スタッフブログ >> ティーカッププードルの交配を行うのに適した時期

ティーカッププードルの交配を行うのに適した時期

ティーカッププードルの交配時期

 

犬が健全に発育し、成熟した時、雄犬では精巣内で充分な数の精子が作られ射精が可能となり雌犬との交配で充分に妊娠することが出来る状況になる事、雌犬では交配した後妊娠、分娩、子育ての一連の事が出来るような状況になる事。

雌犬は最初の発情を確認した時期を成熟期に入ったとみなします。

雄犬では、生後9か月から1歳半ぐらいまで、雌犬では8ヶ月から1歳ぐらいまでですが、犬種や体の大きさにより異なります。

小型犬は、大型犬に比べ若干早い傾向にあります。

栄養状態、環境などにも影響されますが季節によっての影響はありません。

 

成熟期に入ると交配可能となりますが、早い時期の交配は生まれてくる子犬に何らかの問題が起こる場合があります。

JKCでは、母犬と父犬の交配時の年齢が9か月と1日以上でなければならないと定めています。それ未満だった場合は血統書は発行されません。

最初の交配は、そのように定められています、

 

では、いったい何歳ぐらいまで大丈夫なのかという事ですが雄犬は7歳ぐらいまで、雌犬は6歳ぐらいが限界だと思います。

だんだん、ホルモンバランスの異常などが起こり始める時期ですので、妊娠出産には適さない年齢になってきます。

精液検査で大丈夫であることと、精巣腫瘍や前立腺肥大症などの疾患がなければ、高齢でも交配が可能になります。

 

健全なティーカッププードルの兄妹画像

EZmJvSfCNaOFPlW1399699590_1399699595

サブコンテンツ