ティーカッププードル専門店・ブリーダーの「リトルスキップ プードル館」

ティーカッププードル館 >> スタッフブログ >> ティーカッププードルの不妊手術について

ティーカッププードルの不妊手術について

ティーカッププードルの不妊手術

 

不妊手術や去勢手術は、計画性のない繁殖を防ぐために行われます。

又、生殖器関連の病気治療と予防のために行います。

 

雌では、乳腺腫瘍、子宮蓄膿症、膣脱、雄では精巣腫瘍、前立せん肥大症などです。

雄のマーキングを軽減するために去勢する場合もあります。

不妊手術とは、卵巣摘出手術又は卵巣、子宮摘出手術の事をいい去勢手術とは精巣摘出手術の事をいいます、

手術を行うのに適切な年齢についての決まりはありません、しかし不妊と去勢を目的にした手術は生後7か月ごろから受けれます、

雄雌を飼育している場合、繁殖を希望していなくても雌犬の発情期に交配をし妊娠することがあります。このようになった時は分娩後不妊手術を行います。

 

デメリットとしては、雄雌両方とも術後ホルモンバランスが崩れ体調を崩す場合があります、

以上に肥えて肥満になるなどが一番多いです。

 

それから、ティーカッププードルのような小さな個体は全身麻酔に対しての体力的な問題を獣医とよく相談して下さい。

全身麻酔中の事故もありますので。

メリット、デメリットを良く考え検討されることをお勧めします。

 

この子は男の子、当店のお父さんティーカッププードルです!!

beautyplus.36

サブコンテンツ