ティーカッププードル専門店・ブリーダーの「リトルスキップ プードル館」

ティーカッププードル館 >> スタッフブログ >> ティーカッププードルを客観的に見る

ティーカッププードルを客観的に見る

ティーカッププードルを見る力

 

誰でも自分の犬が可愛いのは当たり前です、しかしより良い仔犬を出していくにはスタンダードを良く理解し一歩離れて、

見る客観性が必要です。

 

自分の犬は素晴らしくて、よその犬ダメだと批判する人がいます、

より良い仔犬を産まそうとするならば、公平な目で見ることが大切なのです。

スタンダードを勉強して目標を立てます。

タイプ、顔、ボディなどいろいろな部分がありますがハイクオリティな子犬にするために繁殖計画を立てましょう。

良い犬を沢山見る事はとても勉強になります。

 

一番のお勧めは、ドッグショーでスタンダードとはなんなのかという目を養う事です。

ティーカッププードルも両親又は片方がチャンピオンの子はたくさんいます。

ドッグショーに出るトイプードル達は、大きくはありません

街中で歩いていたら、とても小さく感じると思います。

どうすれば、こんなに毛ぶきの良い子になるのかなど考える材料が沢山出て来ると思います。

 

今や、小さいだけのティーカッププードルはダメだと言う事が認識できると思います。

そして、真剣にプードルと言う犬種と向き合うため最低1匹はチャンピオン犬を自分で育てたいものです。

そして、スタンダードを意識したティーカッププードルが生まれるように努力しなければいけません。

 

ティーカッププードルのレッドのベビー達の画像

EZmJvSfCNaOFPlW1399699590_1399699595

サブコンテンツ