ティーカッププードル専門店・ブリーダーの「リトルスキップ プードル館」

ティーカッププードル館 >> よくあるご質問 >> ティーカッププードルは年齢ごとに健康管理は違いますか?

ティーカッププードルは年齢ごとに健康管理は違いますか?

質問

かかりつけの獣医はあるのですが、年齢ごとに飼い主が気を付けてあげることが出来ればと思います。

今1歳のティーカッププードルです、赤ちゃんを卒業し立派に見えますがまだまだ幼いところもあります。

回答

生涯の中で最も活発な時期ですね、身体機能が充実し高い運動機能も発揮できるようになります、

ストレス発散を兼ねて十分な運動をさせてあげて下さい、

この時の体重を維持できるようにしてあげればいいと思います。

食事と運動の管理はしっかりと、1歳を過ぎるころには性格もほぼ安定し2歳ぐらいから成犬らしい落ち着きが見られるでしょう、

甘やかして育てると、家の中ではストレスが過剰にかかり吠えたりおびえたりして攻撃的になることもあります、

子供のうちから外の世界に慣れさせましょう、無理強いせず徐々に慣らしていけばプードルの友好的な面が発揮されるあずです、

愛情込めて教えれば飼い主を信頼して素直に従い、カフェや街中でも落ち着いてくれるでしょう。

ティーカッププードルは人なっこいだけでなく、犬に対してもフレンドリーであることが多いです、知らない犬に自ら触れ合おうと近ずいて行くことがあります、

公園やドッグランでは要注意です、知らない犬にかまれたりすることもありますので、常にリードは短く犬同士の挨拶がうまくいくかどうか、様子を見ましょう。

ケガをさせないように、飼い主様が健康管理をしてあげて下さい。

1歳ならまだまだ、成犬のような落ち着くがありませんので、ノーリードは止めた方がいいと思います。

お家では適度な刺激のある遊びで、ストレスをためない子にしてあげると良いのではないでしょうか。

健康にはストレスが大敵です!!

 

1380091830769

 

サブコンテンツ