ティーカッププードル専門店・ブリーダーの「リトルスキップ プードル館」

ティーカッププードル館 >> よくあるご質問 >> ティーカップトイプードルの避妊手術について

ティーカップトイプードルの避妊手術について

質問

我が家には生後半年のティーカッププードル(女の子)がいます。
避妊手術をするかどうか家族で迷っているところです。
手術をすることのメリット・デメリットやその時期を教えてください。
犬にとってどっちが幸せなのでしょうか?

回答

ティーカッププードルの避妊手術については、たくさんの方にご質問をされます、

皆様、悩んでおられるようですね、

女の子の避妊について書かせて頂きます

メリット・・・子宮や卵巣に関する病気の発症がなくなる、乳腺に関しては否認したからと言っても乳腺炎などになる確率は残ります。

デメリット・・・全身麻酔による事故、ホルモンバランスの崩れによる性格の変化や他の疾病の発症

避妊手術により、ホルモンバランスが崩れて病気になった場合はほとんど治りません。

異常な肥満、食欲不振もしくは過食

総合的に考えられて、どちらを選ばれるかです。

ワンちゃんの死亡原因は人間と同じくガンが多いです、ガンは子宮関係だけではありません。

私は、ホルモンバランスが崩れ、歩けないぐらいに肥満になった子を見たことがあります、

獣医さんは、なんの責任もとってくれませんし、治しようがありません。

個人としましては、賛成派ではありませんし、うちのプードル達は避妊手術はさせていません

10歳近い子もいますが、子宮の病気もなく元気です。

日頃、まめに健康チェックしてあげると早期発見も出来ますので、その方が良いと考えています。

 

61ClLrn2B6W2BKd1399529947_1399529967

 

サブコンテンツ