ティーカッププードル専門店・ブリーダーの「リトルスキップ プードル館」

ティーカッププードル館 >> よくあるご質問 >> ティーカッププードルの鼠径ヘルニアは、治りますか?

ティーカッププードルの鼠径ヘルニアは、治りますか?

質問

ティーカッププードルを飼おうと思っています。先日ペットショップに行き、とても可愛い ティーカッププードルに巡り合い、飼うつもりなのですが、この子は「鼠径(そけい)ヘルニア」があり、「陰睾両側不明」と表記されていました。あまり健康ではないんでしょうか?

回答

鼠径ヘルニアは、程度により対処がかなり変わってきます。

大中小極小の内どれなのでしょうか?

中以上でしたら将来手術がいります、去勢手術と同時にすればいいのですが無いにこした事はありません、

睾丸が下りていないので、どちらにせよ手術がいりますので同時に行う事が出来ます、

健康面から言えば、健康とは言えないでしょう。

しかし、生死につながるようなことではありません、

しかし、麻酔の時のリスクがありますので初めから手術が必要な子を受け入れるのでしたら、覚悟をした方がいいと思います。

犬の価格はそのような欠点で決まってくることがほとんどです、

やすく購入しても、あとで医療費が高くつきます。

どちらが良いのかはお任せいたしますが、答えは明白だと思います。

 

 

 

サブコンテンツ