トイプードルとティーカッププードルの「りとるすきっぷプードル館」

HOME >> トイプードルの種類(ティーカッププードルとは?)

トイプードルの種類 ティーカッププードルとは?

トイプードルの種類について

プードルは数多くある犬種の一つです。プードルは大きさによってトイ・ミニチュア・ミディアム・スタンダードの4種類に分類されます。プードルは、毛が抜けないので室内犬として飼いやすいので人気が高く、4種類の中で最も小さいティーカッププードルの人気が高いです。

スタンダードプードル
スタンダードプードルは、オリジナルサイズのプードルです。現在は介助犬としても使われています。体高45~60cm 体重15~19kgの中型犬です。当店では、ご予約頂ければかわいいスタンダードプードルをご案内いたします。
トイプードル
トイプードルは、一般的に 体高が28cm以下(26cmが望ましい) 体重3kg以下のものが多いです。
性格は明朗・活発・賢明でしつけはしやすい犬種と言えます。甘えん坊でありながら神経質な一面もありそこが可愛いところと言えます。また気の強さは毛色の順にレッド(アプリコット)、黒(グレー)、白とする説がありますが もちろん個体差があります。
毛も抜けないので室内犬として飼いやすいのが特徴です。 また体臭も他の犬種と比べて少ない方です。
タイニープードル
タイニープードルのタイニー(tiny)とは「とても小さい」と言う意味です。タイニープードルという犬種も存在しません。血統書上の犬種としては、「トイプードル」となります。ティーカッププードルと同様に一般的なトイプードルより小さなサイズのため「タイニープードル」と呼ばれることが多くなりました。
ティーカッププードル

実は、国際畜犬連盟公認犬種にはティーカッププードルという犬種は存在しません。
それなのに なぜ?「ティーカッププードル」と言うのか?というところですが幼犬のときに紅茶カップ(ティーカップ)に入るぐらい小さなのトイプードルという意味です。

成犬になってもティーカップに入るのかと言うと 実際に入る位 小さなワンちゃんも稀にいるかもしれませんが大人になってもティーカップに入る大きさでは、繁殖活動や生命の維持が難しいともいえます。

ティーカッププードルとは、生後2~5か月の子供の時にティーカップに入る小さなかわいい時代をワンちゃんと一緒に楽しんで頂ければと思います。

実際に小さすぎて飼うのが怖いと言われるお客様もおられますが私どものスタッフに安心してご相談頂ければと思います。血統書上の犬種としては、「トイプードル」となります。

リトルスキップのティーカッププードルの子犬を見る>>

当店での呼び名・表示について

当店では、JKC(社団法人 ジャパンケネルクラブ)登録の正式犬種名より一般的にお客様に親しみがあり子犬のサイズが分かりやすいように「スタンダードプードル」「トイプードル」「タイニープードル」「ティーカッププードル」の4つ名称を使っております。

これは、お客様にワンちゃんのサイズや特徴をより分かりやすくご理解いただくためです。

当店でご購入のすべてのワンちゃんに血統書(右画像)が付きますが血統書の犬種名は、JKC発行によるものですので 「スタンダードプードル」は、スタンダードプードル。「ティーカッププードル」「タイニープードル」「トイプードル」は、トイプードルとなります。

(体高およそ25cm以下のティーカップ・プードルという犬種も存在しますが、現在アメリカケネルクラブでもジャパンケネルクラブでも認定されておりません)

カラー(毛色について)

毛色に関しても大変豊富で、代表的な毛色だけでも以下の6種類があります。

ブラウン

テディベア・カットとと共に人気急上昇の毛色です。
性格は活発な子が多く見られます。
ホワイト

プードルと言えばやはりホワイト。
中でもトリミングスタイルをクリップスタイルやラムクリップにすれば、他の毛色のプードルは勿論、他の犬種のホワイトでも遠く及ばない程の気品の高さを誇ります。
ブラック

小柄なトイ・プードルでも強い存在感を持つブラック。
爪先まで真っ黒ですが、実は皮膚の箇所は 少しだけ青みがかっています。
アプリコット

杏子色の赤みがかった黄色い毛色が禿頭のアプリコット。
その可愛いらしさは全毛色の中でも群を抜きます。
小柄なトイ・プードルの体格ともあいまって 現在大変人気な毛色です。
シルバー

豪華な風貌のシルバー。
実は子犬の頃の毛色は黒いんです。
成長と共に美しいシルバーへと変色していきます。
レッド

レンガ色に近い赤色のレッド。
性格はブラックと同じく、やんちゃな子が多いようです。

他にも最近ではグレー、ブルー、ベージュ、カフェオレ等、様々な毛色が増えています。

トイプードルの魅力

更に、トイプードルはテディベア・カットや、ラムクリップ等、トリミングスタイルも大変豊富な為、その魅力は 計り知れません。

また理解能力に優れる賢さ、水猟犬として活躍していた程の身体能力の高さ、抜け毛は少なく、体臭もほとんどない為、
まさにトイプードルは家庭犬の理想像とも言える犬種です。

飼い主様の生活に 溶け込み「家族」として愛される子犬たちであり続けると 私たちは思っています。

参考リンク:JKC(社団法人 ジャパンケネルクラブ)

リトルスキップのティーカッププードルの子犬を見る>>